ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

甘えない心

甘えない心

 最近、特に気になることがある。
 学生たちが流行かもしれないが、私には何をしたいのかちっともわからない。

 国際協力をしたい、あるいは将来国際協力をするといって今も、集まってはいろいろやっているが、
本当にするのか?
 私は組織をつくり、システムを生み出そうとしている人間なので、システムや組織に乗っかってやっている人たちとは自ずと考えやあり方が違う。
 だからただ格好よさやイメージだけでこの世界を見ている人間は、戦争を何かしらカッコいいと思っている人間に思えてしまう。私は戦争でいえばいわば、前線でジャングル戦を戦っている特殊部隊のようなものだから、かっこよさの欠けらもない。
 それで、私に何か話を聞きたいとか、アドバイスを求められても、ただ甘えないで、まじめに生きていろ、としかいえない。
 
 私は必死の人間にだけ可能性を感じる。
 若くして私の話を聞きたいのなら、私と向かい合いたいのならば、自分の全部を差し出す覚悟があるか?
 私は、小さな手術でも本気でやっている。決して手を抜かない。
 だから、自分より若く、経験がない人でも本気で向き合う覚悟がある。
 
 学生でここへ来ても、いろいろ意見を言う人もいるが、いくら立派なことを言っても本人のレベルを見て、心で舌を出している。
 あらゆる状況を学生を笠にきて甘えてはいけない。
20歳を過ぎた大人なら、まったく死ぬまで、大人と同じに生きねばならない。
 大体、国際協力の周辺にいるいい大人たち甘やかしている。
 自分たちが常日頃から、甘えた生活をしているから若いやつらを甘やかす。

 鉄は熱いうちに打て、は誰でも知っている格言ではないらしい。
 
 
by japanheart | 2009-05-22 23:27 | 医者の本音 | Comments(0)